研修・研究部

私たち研修・研究部では、MSWとしてその業務の遂行に必要とされる知識・技術等を修得し、資質の向上を図ることを目的に活動しています。
主な目的としては
・今日の社会情勢を把握し、業務の位置づけを確認し、MSWとしての課題を学ぶ。
・MSWとして所属機関内外における業務および存在の確立をはかる。
・MSWとして捉えた問題を、社会的に提起していく力を養成する。
また、社会活動部とともにブロックにおける研修研究活動のあり方を模索しています。
私たちの運営は、理事及び研修協力員・新人研修運営委員とともに行っています。

研修の紹介

(1)全体研修
全会員を対象に、法律や制度の改正、社会的に問題になっている事柄など、MSWに要求される知識や技術について研修を行なっています。特に、社会の変化を捉え、社会的活動を展開していく力を養成することを目的に社会活動部と連携して研修を行なっています。

(2)新人研修
MSW経験3年未満の会員を対象に、当協会のガイドラインに基づき、基本的な理念・姿勢・知識・技術等業務上必要な基礎的な事柄を学習するとともに、研修を通じて支え合える仲間作りを目的として行っています。

(3)スキルアップ研修
一定の経験年数の会員を対象に、MSWとしての知識・技術等を習得し、さらなる資質の向上と、所属機関内外における業務及び存在の確立を図ることを目的として行っています。
また、MSWとしての新たな業務および存在の確立を図ることを目的として、社会的に注目されている事柄などを課題とした研修を行っています。

(4)医療福祉講座
神奈川県病院協会と共催で、広く他職種との連携と協働を目的とした、公開講座を行っています。
  
2016年度 実施研修 

研 修

開催日

主テーマ

講  師(敬称略)

 会場 参加者 

全体研修

2017.3/11

「ストレスマネジメント〜元気の花を咲かせましょう〜」

伊東 秀幸(田園調布学園大学)
 ウィリング横浜  11名
新人研修 

2016.7/22

基本姿勢1

鈴木 敦之(湘南地区地域包括支援センターすみれ)

かながわ県民活動サポートセンター  54名
2016.8/17
基本姿勢2
関田 歩(鶴巻温泉病院)  かながわ県民活動サポートセンター 54名
2016.9/23
社会資源1
高田 麗(茅ヶ崎地区地域包括支援センターゆず)  かながわ県民活動サポートセンター 50名
2016.10/20
社会資源2
高田 麗(茅ヶ崎地区地域包括支援センターゆず)) かながわ県民活動サポートセンター  48名
2016.11/21
援助技術1
上條 真子(北里大学病院) かながわ県民活動サポートセンター  48名
2016.12/16
援助技術2
上條 真子(北里大学病院) かながわ県民活動サポートセンター 48名
2017.1/18 援助技術3
上條 真子(北里大学病院) かながわ県民活動サポートセンター  42名
2017.2/16
記録
伊勢 啓一(東海大学医学部付属病院) ウィリング横浜  44名
2017.3/24 
施設見学報告会
担当理事・運営委員・協力員 かながわ県民活動サポートセンター   45名
2017.3/24  「成果の気を作る」「共同感謝状作成」等のグループワーク 担当理事・運営委員・協力員 かながわ県民活動サポートセンター  44名

スキルアップ
研修

2016.8/6

「面接技術を高めよう!」
 
小原 眞知子(日本社会事業大学)  イムス横浜国際看護
専門学校
31名

2016.11/19

「家族療法を学ぼう!」
福山 和女(ルーテル学院大学)  イムス横浜国際看護
専門学校
44名

2017.1/14

「スーパービジョン〜我々を支えるもの〜」

堀越 由紀子(東海大学)

  ウィリング横浜 22名

医療福祉講座

(共催:県病院協会)

2016.12/17

「人生の最終段階における意思決定支援」

  

講師 小野沢 滋(みその生活支援クリニック院長)
座長 早坂 由美子(北里大学病院)
シンポジスト
桑島 規夫(聖マリアンナ医科大学病院)
長 由依(鶴巻温泉病院)
小峯 千明(第二川崎幸クリニック)

横浜YWCA   40名
MSWのための労災・職業病講座 

(共催:(NPO)神奈川労災職業病センター)
 2016.11/11 「建築業で働く人の職業病と労災申請マニュアル」 松舘 寛(東京土建一般労働組合職業病支援書記) かながわ県民活動サポートセンター  6名
 2016.11/26 「脊髄損傷の労災問題と実務」 古谷 杉郎(全国脊髄損傷者連合会理事)  かながわ県民活動サポートセンター 12名